スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村

第二のポール・ポッツと噂される、スーザン・ボイル(Suzan Byle)さん

2009年04月18日

以前ご紹介した時、みんながびっくりしてたポール・ポッツさん。

彼が出演したBritain's Got Talentに、
また素晴らしい出演者が現れたようです。
夕方のニュースで取り上げられててびっくりした!

世界中の注目が彼女に集まっているらしい!
上手に訳してくれている動画を見つけたのでぜひぜひみてください!

歌は心
スーザン・ボイル
-Suzan Byle (日本語字幕つき)






今回のすごい人は猫と暮らす独身の女性、
スコットランド出身の48歳、スーザン・ボイルさん。
直前のインタビューでは、
まだキスもしたことなぃって照れてた!

2009y04m18d_083719343.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村
舞台に出てきてインタビューが始まる。
「夢はプロの歌手になること。」

この番組は日本でいうと「仮装大賞」みたいなもので、
すごく下手でも出てきて、みんなで大騒ぎするみたいなのが主流。

夢が実現しなかったのはなぜかと聞かれて、
「機会がなかったけどここでかわるかも」

誰も信じてないし、
本人も本当はそんな自信があるわけじゃない、
そうやって楽しむ場所なんです。

2009y04m18d_083831453.jpg



全然期待していない審査員、
一番厳しいサイモンは渋い顔すぎw

2009y04m18d_083900875.jpg

2009y04m18d_083859625.jpg




向かって左に座っている優しそうなおじさまは、
審査員の一人、ピアーズ・モーガン(元デイリーミラーの編集者)。

2009y04m18d_083901968.jpg




審査員も会場も、全く期待していない空気、
明るく見せているけど、きつくないわけがない。

2009y04m18d_083855281.jpg








しかし、彼女が歌い始めると、
全てが変わった。

2009y04m18d_084118609.jpg







審査員たち。

2009y04m18d_084018781.jpg

2009y04m18d_084014750.jpg

2009y04m18d_083921656.jpg




湧き上がる歓声。

2009y04m18d_084036984.jpg







歌い終わった彼女はもぅ審査とか意に介さずに、
さっさと舞台から降りようとしたので、
審査員たちがあわてて引きとめます。

2009y04m18d_084138578.jpg

2009y04m18d_084139531.jpg

気丈に明るく振舞っていた彼女でしたが、
合格など夢にも考えていなかったようです。

もう、大きな舞台でまるで歌手のように歌いたかった、
その夢は果たした、これ以上はなにもいらない、
この気持ちのまま舞台を降りたい、そんな気持ちでしょうか。





笑顔で見守っていたピアーズ・モーガンは、
3年間で一番大きなyesを彼女に送りました。

それを聞いたときの彼女の笑顔!!!

2009y04m18d_084302625.jpg

2009y04m18d_084319656.jpg





そして、判定。

一番厳しい判定者のサイモンの言葉は、
「胸を張ってお帰りください イエス3つ(合格)です」

信じられない合格の判定をきいて彼女は・・・

2009y04m18d_084331437.jpg

2009y04m18d_084333687.jpg

2009y04m18d_084334531.jpg





舞台に下がってから、
何がおきたのかやっと実感がわいたようです。

2009y04m18d_084415812.jpg


2009y04m18d_084424890.jpg








色々情報を探してみると、
この人にもやっぱり過去がありました。

Nothing Ventured, Nothing Gained.より引用させて頂きました。

「もっとも、ボイル氏のこれまでの人生について調べると、決して恵まれたものではなかった。出産の際の酸素欠乏により、軽度の学習障害を持っていたため、そのことや容貌からイジメにあっていたという。

彼女は12歳の時から歌を歌いはじめたが、教会やカラオケで歌う程度で、ボーカルトレーニングは30歳以降になるまで受けたことがなかったそうである。

最近まで91歳になる母親の介護をしながら歌を歌ってきたという。ところが、2007年に彼女の母親が他界し、そのショックから一度歌を歌うことをやめていた。今回、この番組の地方オーディションに参加し、これが母親他界後初の歌声披露となった。

彼女を歌った曲の選曲も良かった。「I Dreamed the Dream」というのは、レ・ミゼラブル(邦題:ああ無情)の中で、激動のフランス革命の時代に、幼い子供を育てるお金を稼ぐために、売春婦に堕ちて、不遇の人生を送ったフォンティーヌという女性が、「私には夢があったのに」と回顧する歌なのである。

もちろんボイル氏の歌声は素晴らしいが、ボイル氏が、かつて学習障害やその容姿により、いじめられ不遇の思いをしたことも相まって、絶妙な思いが伝わってくる。だからこそ、これだけの人を魅了しているのではないだろうか。」


大きな暖かいものが歌から滲み出る感じ、
その訳が少しだけわかった気がします。

まるで優勝したように世界中で注目されている彼女ですが、
実は第2回戦は4/18 つまり今日!
番組は現在進行形なのです、
これはチェックしなくちゃだね!

※追記
番組の放映は5/30になるそうです、
そしてNothing Ventured, Nothing Gained.さんにさらに情報が載っていました、
興味のある人はぜひごらんになるといいと思います。






ミュージカル、ラ・ミゼラブルから
I Dreamed A Dream (夢やぶれて)

過ぎ去りし日の夢
希望に満ちていたあの頃
とわの愛を夢みて
神もお許しになろうと

若さゆえの怖さ知らず
夢は はかなく破れ
何もない 私はここに
歌は歌い尽くし 酒も飲み干した

でも 虎は夜やってくる
雷のように低くうなりながら
希望を八つ裂きにし
夢も恥と変わる

私は夢見る あの人が・・
共に人生を歩んでくれると
でもかなわぬ夢もある
避けきれぬ嵐もある

こんなはずじゃなかった
こんな地獄で暮らすとは
こんな哀れな姿で
夢やぶれし 我が人生
スポンサーサイト


コメント

  1. Exe@Retired | URL | -

    Re: 第二のポール・ポッツと噂される、スーザン・ボイル(Suzan Byle)さん

    この曲を選択してくるなんて……
    凄い。にじみ出るものがある。

  2. nolla | URL | CWCs7tuo

    Re: 第二のポール・ポッツと噂される、スーザン・ボイル(Suzan Byle)さん

    うんうん・・
    歌は心、っていうことだよね、ほんとにそう思う

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nolla93.blog98.fc2.com/tb.php/733-32fd26ee
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。