スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村

単位秒あたりのHeal量 =HPS

2009年03月04日

Healspellの1秒あたりのHeal量を出してみた。
(よく考えたらこれはまさにHPSダッタ。)

・数字は詠唱時間1秒あたりの回復量を出したもの
・かっこの数字は詠唱時間(左から順に以下の4パターン)


1 通常 (AAで14.4%+ 装備で14% 合計28.8%短縮)
2 短縮proc1(20%) 発動時
3 短縮proc2(33%) 発動時
4 短縮proc1と2 同時発動時

※procによる一時的なHeal量upなどは考慮外、Heal+905での数字
※3000以上は赤、1800以上はピンク、1000にいかないものが水色
※数字や短縮具合などは個人で違うと思うので、参考程度にしてください


■単体RH 1267*5
1101(1.15sec) 1267(1.00sec) 1267(1.00sec) 1267(1.00sec) 1回分
2202(1.15sec) 2534(1.00sec) 2534(1.00sec) 2534(1.00sec) 2回分
3303(1.15sec) 3801(1.00sec) 3801(1.00sec) 3801(1.00sec) 3回分

5505(1.15sec) 6335(1.00sec) 6335(1.00sec) 6335(1.00sec) 5回分


■Repent 4832(+4832)
2616(1.92sec) 2910(1.66sec) 3476(1.39sec) 3865(1.25sec)
5033(1.92sec) 5821(1.66sec) 6952(1.39sec) 7731(1.25sec)
Heal部分有効時


■GRP IH 2896
1892(1.53sec) 1930(1.50sec) 1930(1.50sec) 1930(1.50sec)

■単体IH 2657
1736(1.53sec) 1997(1.33sec) 2393(1.11sec) 2657(1.00sec)

■単体IH 3855
1676(2.30sec) 1937(1.99sec) 2322(1.66sec) 2570(1.5sec)


■GRP RH 1285*9
335(3.83sec) 387(3.32sec) 463(2.77sec) 514(2.50sec) 1回分
671(3.83sec) 774(3.32sec) 927(2.77sec) 1028(2.50sec) 2回分
1106(3.83sec) 1161(3.32sec) 1391(2.77sec) 1542(2.50sec) 3回分


GrpRHは9回発動するがシェア・ペインを使っているとTANKが消費すると同時に、
ヒーラーも消費してしまうので、発動が半分に。
さらに他のメンバーも消費してしまうのでTANKにいかせるのは多くて2,3回・・?




MTの維持がきつく、スパムヒールに近いものが必要な状況を想定して
使い方を考えてみた。


TSOの短縮AAがある単体RHが強い。
単体だからMTしか消費しないので5回分期待できる。
例え、2,3回の発動であっても5.4秒のリキャストごとに上書きする価値はある。

Repentは文句なしに強い。
HPが減った時を狙えばさらに強いがウォード部分だけでも相当強い。
26秒のリキャストごとにヒールワークに取り入れながらも、
HPが減った時を狙っていけたらいいと思う。
(といってもタイミングをみるためにヒール活動が止まると本末転倒になる)

短縮procがない状態から強いのがグループヒール
TSO短縮AAにより、大幅に強化されほぼ限界まで短縮されている。
数字は単体を直せる数字だがこれがGRP全員にかかるし、
付随してprocも発生するのだから8秒のリキャストごとに使うべき。

単体ヒールは短縮がかかればそこそこ効率がよくなる。並な感じ。
ちなみに小さいほうも大きいほうも1秒当たりはそれほど違いがない。
上記のヒールのリキャスト待ちのとき、MTにかぶせていったり、
減ったメンバーへの個別対処手段として使う。
(このとき余裕があるようならGrpRHのほうをキャスト)


GrpRHの効率は悪い。
とくにシェア・ペインを使用していると、自分とTANKで2倍消費してしまう。
Grpの他のメンバーも消費することを考えるとMTに回る分はせいぜい1,2回分。

MT維持目的で使うのではなく、
AE直前にウォードの補助としてprocも合わせて狙ってかけたり、
開幕前やAEの合間の余裕のあるときにproc狙いでかけたり、
という使い方がよさそう。

ただし、範囲が25mあるしMTへの視線を気にしなくていいし、
GrpRHが入ったあとで25m以内に戻れば効果がのるので、
MTの位置がよく動くコンテンツでは頼りにせざるを得ない。




スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村


コメント

  1. Panda | URL | -

    Re: 単位秒あたりのHeal量

    数字見ると頭が痛くなってきます。

  2. nolla | URL | CWCs7tuo

    Re: 単位秒あたりのHeal量

    とりあえずいっぱい数字を並べて、
    相手を威圧する攻撃ですよ、くくく。

  3. ハンプ | URL | -

    Re: 単位秒あたりのHeal量 =HPS

    再使用時間も入れてだと、どうなるのでしょうかね?

  4. nolla | URL | CWCs7tuo

    Re: 単位秒あたりのHeal量 =HPS

    よかったら計算してみてくださぃ。
    難しそうです。

  5. ハンプ | URL | -

    Re: 単位秒あたりのHeal量 =HPS

    じゃー、再使用時間はそれぞれいくつですか?あとModは?

  6. nolla | URL | CWCs7tuo

    Re: 単位秒あたりのHeal量 =HPS

    ・Heal+905
    ・Recast
    単体 RH 5.4
    Repent 26.8
    Grp IH 8.0
    単体 IH 5.4
    単体 IH 10.3
    Grp RH 13.4

    です。でも、大変そうだから無理しなくていいですよー。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nolla93.blog98.fc2.com/tb.php/651-d42049c6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。