スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村

行方不明のエロリッシⅤ 最終回 ~憎悪の神の声~

2009年02月20日

2009年エロリッシ新クエストのFP側のお話です。



アントニカの鹿のすむ森に訪れている、
遠き島なるティアフォール村の方々。

それを物陰からじっと見ている、
いかにも怪しげな人物をみつけたお菓子探偵。




近づいてみると、
憎悪の使徒、ランダックスさんでした。

c1_20090220034431.jpg

愛の娼婦って・・w

確かにまぁ・・愛といえばエロだし、
エロといえば娼婦といえなくもな・・ ゴホン




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村
c2_20090220040555.jpg

なんと、ユラユラな人に協力したのがばれていた!

きっと油断しているから、
やつらの考えている悪巧みを調べて来いと、
命令されるお菓子探偵。






花摘みなどして、愛にあふれる乙女なのを証明し、(画像クリック推奨!)

c4_20090220040931.jpg






シスター・フッド・エロリッシにお話を聞くと、

女神エロリッシの安否を確かめるため、
すでに帰来している神の使徒を調べてほしいと頼まれる。

c5_20090220041133.jpg

心当たりはありますよね‥
たしかに憎悪の使徒はすぐ近くにいますしね‥






影から見ている憎悪の使途に、
報告をするお菓子探偵。

c7_20090220041456.jpg

クエリアスを青っ鼻たれまくりの小娘、とか、
ミサニエルをいかつい双子の兄とか、
言いたい放題のランダックスさん。

女神エロリッシだけが不在な訳をしっていてもいいかもしれないと、
イノルークの都に行くことを促してくれた。






イノルークの憎悪の女司祭、サブスティンさん。
のっけからあれですか、無限拷問予告ですか‥

c10_20090220041726.jpg







c11_20090220041758.jpg

なにかしら益なことがわかるかもしれないから、
実勢調査をしましょう、でも自分は愚かな行為に首を突っ込んだりしないから、
あなたがやりなさい、でもその下準備として、虐殺してきなさい、
ってことなんでしょうか‥

言ってることがよくわかりません!






c12_20090220042013.jpg

a member of The Dead って、すでに死んでるメンバーってことでしょか、

でも全力で殺すのみなのです!
がんばれお菓子探偵!

そしてお使いを2つすませたお菓子探偵は、
スパイア・オブ・イノルークで瞑想をすることを許された!







イノルークの神の声がっ

d9_20090220042504.jpg

「この神殿に足を踏み入れ、憎悪の毒気で肺を満たした使徒に囲まれ、
それでいて愛など求むるか!」




d10_20090220042616.jpg

「憎悪の娘、裏切りの冠を戴くもの、勇気の片割れを封じけり」
「当初の目論見とは異なるものの、それでも変わらず充足に足る」
「我も居合わせたかったものぞ‥ ミサニエルの狼狽、是非とも直に見たかった」







d11_20090220042947.jpg

女司祭サブスティンさんに報告をすると、
歓喜に打ち震えていました。

ティアフォール村から来ているシスターに報告をすると、
涙の海の水位があがるほど悲しんでおられました。




                                    ~行方不明のエロリッシ   おしまい~                                




あとがき

イノルークの神様のお話から察するに、
女神エロリッシは操られたか、策に落ちたかで、
当初の目的とは違ってはいたが結果的に、
悪側に捕らえられてるような感じもします、

まさにそうなってしまった現場にミサニエルはいて、
狼狽したということでしょうか。

そもそも、女神エロリッシは兄ミサニエルを案じて、
兄のプレインに出向いていったはず、
それはワナだったのでしょうか。

現在、兄のミサニエルはノーラスに帰来しておりますが、
女神エロリッシは兄の味方ではない、
けれど兄妹愛は疑いもなくあるらしい、
いったいどこでどうなってしまったのでしょうか。

最後の啓示をうけた神官は、口が利けなくなり、
文字も書けなくなり、数年後になくなったといいます。
よほど恐ろしいものを見てしまったのか‥

兄がかつて、恐ろしい拷問を受け続けていたように、
女神エロリッシもひどい目にあっていなければよいのですが‥



などと感想をまとめてみましたが、なにぶんあまり予備知識がないもので、
間違いなどたくさんあると思いますがどうかご容赦ください。

これで行方不明のエロリッシはおしまいです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nolla93.blog98.fc2.com/tb.php/633-3b16b0e4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。