スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村

行方不明のエロリッシⅢ ~マー兄妹の過去~

2009年02月19日

さらに女神エロリッシについて研究を深めるお菓子探偵!

エロリッシには双子の兄、ミサニエル・マーがいます。
ケレティンにいるその預言者に話を聞いてみることに!



a1_20090219030258.jpg

ケイノスを裏切ってWLKになったのがばれたお菓子探偵、
お話どころじゃありませんでした。





泣く泣くグーグル図書館に頼るお菓子探偵、
今回はEQ2JE Wiki先生がいろいろと教えてくれました。

2009y02m19d_030530308.jpg

マーの信仰クエストを進めると、Sir Bayden Cauldthorn が、
ミサニエル・マーに関する様々なお話をしてくれます。
/waypoint 167.77, 111.88, 95.3

エロリッシに関する部分を抜粋させていただきました。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村


エロリッシ・マーはどこに?

また会えたね、(名前)。そのメダリオンは神聖な品だ。誇りをもって身につけてくれ。見るものすべてに勇気を与えることだろう。

―もらった中に「エロリッシの口づけ」というメダリオンがあったけど……Erollisi って誰?

愛の女神であるErollisi Marrは、Mithaniel Marrの最愛の双子の妹である。悲しいことに、彼女と彼女の領域に何が起こったかは分からない。彼がノーラスに戻ってきた時、彼女はMithaniel Marrの味方ではなかった。私は“真実を導くもの”に祈りの中で彼女の居場所を問うたが、今のところ彼から答えを得ていない。

―どうして答えてくれないんだろう?

今は他人と分かちたくない話題なのかもしれないね。私もこれ以上立ち入ったことは訊かないようにしようと思うんだ。いずれにしても、主神Marrは妹君を深く愛しておいでだ。知ってほしいと思ったときには、我々にも教えてくれるはずさ。


メモ:
「エロリッシ・マーはミサニエル・マーの最愛の妹」
「ミサニエル・マーがノーラスに戻ってきたとき、彼女は兄の味方ではなかった」





若き日のマー兄妹

そうか。私も感じるよ、Corsanも再び安らかな眠りに就けたことだろう。きみはよくやってくれた。Marrにまつわる歴史も学んだ。最後にもうひとつ、新しい祭壇のために手に入れてほしいものがある。それはスモークホーン族の勇者のトーテムだ。ただしこの品は、スチームフォント族の勇者と死闘を経なければ勝ち取ることはできないだろう。

―スモークホーン族? “真実を導くもの”を祀る祭壇とミノタウロスに、いったいどういう関連が?

双子の神Marrが最初に創造されたのはフロッグロックとノースマンである……一般にはそう信じられているが、真実はそうじゃない。かくいう私も知ったのはつい最近のこと、孤独で謙虚な主神Marrから教えていただいたことなんだ。かつてMithanielとErollisi の2柱は、齢を重ねた他の神々に気付かれることなくノーラスを歩んだことがあった。若さゆえ純粋なところがあったのか、2柱は他の神々のようになりたいと思ったそうなんだ。そして自分たちの手で定命の種族を創ってみようとした。

―興味深い説だ。



メモ:
「双子の神が最初に創造したのはフロッグロックとノースマン、というのは真実ではない」
「若くて純粋な双子の神はかつて他の神々に気付かれることなくノーラスを歩んだ」





ミサニエルの創造

自分が創るのは、名誉と勇気を具現したような種にしたい……Mithaniel はそう考えた。そうしてミノタウロスが生まれたのだけど、彼はすぐさま致命的なことに気付いたんだ。新しい種を創ったはいいが、どう育てればいいのかさっぱりわからない。そして父たる存在として振る舞うすべもわからなかった。ミノタウロスは戦場で恐れを抱くことがなく、その性質はたしかに勇敢だと言えた。だが方向性や道徳というものを一切持ち合わせていなかったんだ。そのときMithaniel は若く、そして経験も浅かった。それが災いし、子育てのやり方がわからなかったんだね。そういうわけで、ミノタウロスはやがて他の神の手に渡ることになった。こんな種を欲しがっていた神、定命の者を操るすべに熟達していた神の手にね。

―誰だったんだ?

Rallos Zekは、謝った方向に導かれたミノタウロスの姿を目し、恐怖を覚えることのない彼らを戦場に迎えようと考えた。このような手合いはぜひとも自分の配下にしなければ……戦王Rollosはそう思ったんだね。Mithaniel の力は及ばず、自ら創り出した種が戦神にいざなわれるのを阻止できなかった。できたのは、彼らがラロシアン端緒の軍の先鋒となり、プレイン・オブ・アースを侵略していくさまを見届けることのみだった。ミノタウロスはレイス評議会の殺害に関与し、そのせいで呪いを受けてしまったのだけど、自分の子供がそのようなかたちで呪われるのを目撃せざるをえなかったことはMithaniel を大いに嘆かせた。このときの呪いのせいでミノタウロスの記憶力は著しく低下してしまい、あらゆる歴史から遠ざかることになったという。それ以来、ひとつの種族あるいは文明として発展を遂げることができなくなったんだ。常に原始の状態にとどまり、自分たちあるいは他者が築いたものをベースに何かを積み上げていくということができなくなった。


メモ:
「ミサニエル・マーは名誉と勇気を具現化したくてミノタウルスを作った」
「ミサニエルはまだ若く、育て方がわからなかった」
「ミノタウロスは勇気はあったが方向性や道徳を持ち合わせない種になった」

「こんな種を欲しがっていたラロス・ゼックがミノタウロスを戦場へ駆り立てた」
「ミノタウロスはレイス評議会の殺害に関与し呪いを受けた」
「呪いのせいで記憶力が著しく低下し、常に原始の状態にとどまることになった」





エロリッシの創造

―Erollisiも何かを創造したってことだよね?

そうだよ。兄とは違い、Erollisi は種の創造にあたって他の神の協力を仰いだ。その神というのは氷雪の女神 E'ci だ。E'ci はErollisiの父Tarew Marrとともにプレイン・オブ・ウォーターを統治していた神で、若き女神の求めに応じてくれたんだ。Erollisi は翼あるヴァルキリーという種を創造し、E'ci はそのさまを見守った。はじめErollisi はヴァルキリーの育て方や導き方に関するE'ci の指導に熱心に聞いていたんだが……しばらくすると若さゆえの性急なところが顔を出し、しだいにE'ci の教えに耳を貸さなくなっていったんだ。自分が何をしているか、きちんとわかってるってね。最終的に、Erollisi はE'ci に教えを請うのをやめた。そして自分のやり方でことを進めていったんだ。

―ヴァルキリーもRallosの手に落ちてしまったの?

いや。Erollisi はE'ci の教えに従い、何者からも離れた北の地でヴァルキリーを創った。その甲斐あって、戦神ににらまれることはなかったんだ。だが未熟なErollisi が世話をするうちに、ヴァルキリーもだんだん野方図に育っていってしまう。自分が関わって創られた種族の行く末を心配しE'ci は、プレイン・オブ・アースの侵略に続いて招集された神々の評議会において、Erollisi の無責任さを叱責し、ヴァルキリーを導く権利を引き継いだ。「Marrの双子は再び創造を行う前に、多くのことを学ぶべし」との結論が下され、水神3柱もその裁定を受け入れられたそうだ。

―でもMarrの2柱はその後も種族を創ったよね。

そうだよ。Mithaniel とその妹は、時を経て知恵と経験を身につけたからね。双子はフロッグロックやノースマン……またの名をバーバリアンというヒューマンの原型を創造し、それによって世界を祝福した。……この話を公表するのにはMithaniel にとって心苦しいことだったかもしれないが、善なる行いはそれに勝るとお考えになったんだろうね。

―ふむふむ、おもしろい話だった。どうもありがとう。



メモ:
「エロリッシは氷雪の女神E'ciの助力を仰ぎ、ヴァルキリーを創造した」
「未熟なエロリッシが世話をするうちに野放図に育ってしまった」

「マーの双子は再び創造を行う前に多くのことを学ぶべしという結論が神々の評議会でなされてしまった」

「時を経て知恵と経験を身に付けたマー兄妹は、フロッグロックやノースマン(またの名をバーバリアンというヒューマンの原型)を創造しそれにより世界を祝福した」


EQ2JE Wiki様より引用させていただきました。




わー、ヒューマンの原型はバーバリアンだったのか・・!
それからマーの関係者にカエルが出てくるのはそういうわけだったのかー。

ミノタウロスがずっとパンツ1枚ですごしている理由や、
綺麗なヴァルキリーがとても戦闘的な理由、
あんな氷の世界にいる理由、とか、いろいろわかっておもしろい。

でもEQ2の世界は奥が深すぎにもほどがある、と、
ちょっと脳がとろけそうなお菓子探偵だったのでした。

次はクエストのレポートの続きの予定です。

スポンサーサイト


コメント

  1. モフL | URL | 1h4yfgsk

    この兄弟のお話は本クエにもありますね。
    「ポンドからパラディンへ 1、2巻」
    ↓のサイトに全文ありますお
    haun.sakura.ne.jp/cgi-bin/hon/wiki.cgi?page=FrontPage

  2. nolla | URL | CWCs7tuo

    読んできたよーー
    まるで映画みたいな壮大なスケールのお話だった!!!
    カエル、すごい!バーバリアン、すごい!
    泣けてくるね(TT

    ノーラスの失われた歴史考察、って、サイトの名前もかっちょいぃね、
    リンクに加えさせて頂きました、これからもイベントごとに、
    いろいろ調べてみようと思います、どうもありがとぅ!

  3. Millky | URL | ihVD4iR.

    すごいなーイベントの1つでここまでやるとはw
    いろいろとわかって楽しいね~

    それにしてもEQ2の世界観は奥が深いね。
    いろいろと歴史を知っていれば
    クエストの1つ1つにいろんな名前が出て、繋がってって楽しそうだなぁ
    ↑のページで勉強しなきゃだ!

  4. nolla | URL | CWCs7tuo

    いやー ほんと深いね、深すぎるね。
    自分は登場人物がいっぱい出てくるような歴史物とか壮大なお話はちょっと途中で忘れちゃって苦手なので、出てくるたびにちょこっとずつ調べたりしてみようかなと思います。

    ミルルキーちゃんみたいなインテリやろぅちゃんは例のページをしっかり読んでおいて、あとで要約して伝えてくれるといいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nolla93.blog98.fc2.com/tb.php/629-b69eac50
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。